うさぎを飼う上で、
一番気を付けなければならないことがあります。

それは暑さ対策です。

うさぎは30℃を超えると熱中症になりすぐに体調を崩してしまいます。

あんな毛皮を背負ってますし、
汗をかきませんからね。

そこで、まずは最も効果的な窓まわりの暑さ対策から始めましょう。

共働き等でずっと家で面倒を見られない方は要チェックです!


こちらの記事も一緒にどうぞ
暑さ対策の窓にはカーテンがいい?それとも100均グッズやフィルム?

カーテンボックスを設置しましょう

カーテンボックスとは、カーテンの上の方に設置される板のようなもの。

今時のカーテンは暑さ対策されている生地を使っているものもありますが、
それだけではそこまで効果的とはいえません。

カーテンボックスを使えば遮光効果と断熱効果を高められ、
実質的に暑さ対策されているカーテンの効果も高められます。

どのくらいの断熱効果があるのかというと、
最大で20%ほど。

20%ってバカにはできないですよ。

エアコンもより効果的に機能するため、
電気代も節約出来るし、夏の暑い時期だけでなく
冬の寒い時期も活躍します。

まだ取り付けられていないのであれば、
カーテンボックスの設置を検討してみてはいかがでしょうか?

ゲージの上には凍らせたペットボトルを置きましょう

非常に効果的なのが、
うさぎのゲージの上に凍らせたペットボトルを置くこと。

もちろん、そのままだと水がポタポタと垂れてしまうので、
タオルを巻いて置きましょう。

ただし、それなりに冷凍庫を圧迫するので
買い溜めには注意しましょうね。

扇風機は直接当てても意味が無い?

ついついやってしまいがちなのが、
うさぎに直接扇風機の風を当ててしまうことです。

たしかに人間だととっても涼しいのですが、
うさぎにはあまり効果はありません。

というのも汗をかかないので、汗が冷えて体温が下がるという機能がないんですね。

ですので、扇風機を使うならエアコンの空気を全体に行き渡らせるという用途で使用しましょう。

猛暑になれば嫌でもエアコンは使ったほうがうさぎのためになります。

ケチケチして手遅れにならないように気を遣ってあげてくださいね。

まとめ

ここまで読んでいただきお疲れ様でした。

本格的な夏が来る前に、
うさぎのためにもしっかりと暑さ対策を行っておきましょうね。