oosouzi
大掃除で面倒な場所といえば窓拭きです。

普段毎日掃除をする人でも窓拭きの掃除まではなかなか手がまわらないですよね。

窓がたくさんあるとそれだけで大仕事です。

手間も時間もかかる窓拭きですが大掃除の機会にすっきりきれいにしましょう。

  

大掃除の窓拭きのコツ

窓ガラスの汚れは雨や風で運ばれた土や砂などの外側の汚れと
台所から飛んでくる油を含んだ水蒸気・カビ・室内のほこりや手あかなどの
内側の汚れが合わさったものが原因となっています。

大掃除の手順としては、
洗剤での拭き洗い→水拭き→から拭きとなります。

ここでのコツは洗剤を窓に直接スプレーしないことです。

水で濡らしたタオルにクリーナーをスプレーして汚れを浮かしながら洗い拭きをします。

そのまま洗剤が乾ききらないうちに同じく濡らしたタオルで拭きとっていきます。

最後は乾いたタオルでガラスの水分を拭きとって仕上げます。

このとき毛羽立ちの少なく線維のキメの細かいマイクロファイバー製のクロスを使うとよりきれいに拭くことができます。

年末の大掃除。窓拭きには新聞紙を使おう

大掃除の窓拭きには新聞紙を使うのもオススメです。

繊維が細かいので汚れが落としやすく使用されているインクにはツヤ出しの効果もあります。

まずバケツに水かお湯を入れ新聞紙を浸します。

次に浸した新聞紙を軽く絞って窓を拭き、
最後に乾いた新聞紙で拭きあげます。

自宅にあるもので、
しかも使った後は捨てるだけなので手間もありません。

ぜひ試してみてください。

大掃除の道具は100均で買う

なんでも揃う100均には大掃除の道具も豊富に揃っています。

ウィンドウクリーナーや水切りワイパー
ぞうきんを何度もゆすぐ手間が省けるうえに
ぞうきんよりもきれいに拭けます。

網戸掃除には網戸ワイパーや網戸掃除ミトンなどが便利です。

掃除がしにくサッシにも専用の掃除グッズがあります。

何かと物入りなこの時期に100均で手に入る大掃除グッズはお財布にとっても大助かりですね。

まとめ

窓拭きは天気の良い日よりも曇りの日や雨上がりの日する方が良いようです。
空気が湿っていて汚れがとれやすくなるというのが理由のようです。
また窓拭きの前に網戸掃除やカーテンの洗濯も済ませておくとよりピカピカの窓に仕上がります。