denki_moufu
寒い冬にお世話になる機会が増える電気毛布。
洗濯が大変なイメージのある電気毛布ですがしっかりと洗ってダニや汚れを落として清潔に使いたいものです。
電気毛布は用途や種類・生地によって洗濯方法が異なるので事前に取り扱い説明書で確認しましょう。
説明書の他にもタグ部分にも「手洗い」や「洗濯機」の表示があるので合わせて確認しましょう。

  

電気毛布の洗い方が手洗いの場合

電気毛布の洗い方が手洗いの場合はまず最初に電源プラグを抜きます。
次に毛布を折りたたんで押し洗いをします。
浴槽にぬるま湯をためて足で踏むと力を入れて洗えます。
洗剤は衣類用洗剤を使います。
手洗いの場合はすすぎが重要です。
汚れの落ち具合を見ながら充分すすぎます。
すすぎが終わったら浴槽の縁などで水切りをしましょう。
電熱線が切れてしまう可能性があるので決してねじり絞りはしないで下さい。
故障を防ぐためにもコードの接続部分はよく拭いて乾燥させ、天気の良い日に風通しの良い日陰に干します。

電気毛布が洗えない場合

電気毛布には「洗濯不可」のマークがあるものがあります。
この場合カバーやシーツなどは洗濯出来ますが毛布は洗えません。
洗えない分汚れも気になるので、
・除菌スプレーをかける
・掃除機でゴミを吸い取る
・しぼったタオルで水拭きをする

などのこまめなお手入れが必要になります。

電気毛布のクリーニングの料金は?

クリーニング店でも電気毛布を取り扱っている店舗があります。
料金目安はシングル1枚で2000円前後のようです。
またネット宅配クリーニングは自宅まで集荷に来てくれて、クリーニング後自宅まで配送してくれます。
少し割高にはなりますが、手洗いは重労働ですし、干すスペースに限りがあるご家庭もあると思うので選択肢の一つとして知っておくと便利かと思います。
電気毛布の取り扱いや送料についてはそれぞれの会社で異なるので問い合わせが必要です。

まとめ

電気毛布を購入してから数年経っているので取り扱い説明書がない、タグの部分が薄くなってしまって読めないなどの場合もあるかと思います。
間違った洗濯方法は故障の原因になるので購入したお店やメーカーに問い合わせて必ず適切な方法で電気毛布を洗濯して下さい。