妊娠中 肝斑
肝斑(かんぱん)というシミをご存知ですか?肝斑は妊娠中や産後、授乳中にできやすいと言われるシミのことです。

妊娠中や産後、授乳中にシミができた、シミが増えたと思ったら、それは肝斑の可能性が高いです。

最初にできたときは「えーどうしよう!」と焦ってしまう方も多く、妊娠中や産後、授乳中は余計なストレスを抱えないようにすることが大事なのにもかかわらず、肝斑のせいで余計なストレスを抱えてしまいがちです。

ではどうすれば肝斑によるストレスを抱えずに済むのかというと、正しい対策法を行い、肝斑が消えた!肝斑が薄くなった!と実感することです。

そこでここからは妊娠中や産後、授乳中の肝斑の3つの対策法をご紹介します。

妊娠中や産後、授乳中にできる肝斑の3つの対策法!

絶対に擦らない

肝斑ができる前もできた後もお肌は擦らないことが重要です。お肌を擦ることによる摩擦が炎症を起こし、それが肝斑ができる要因へと繋がるからです。

日頃の癖で無意識的にお肌を擦ってしまう方も多いので、普段から意識して擦らないように心がけることが大切です。

良質な日焼け止めクリームをケチらず塗る

肝斑は強い紫外線によってもできる原因となります。これ以上増やさないためにも日焼け止めクリームを塗って防ぎましょう。

肝斑を防ぐためには普段よりも多めに使用するのがポイント。なるべく日に当たらないようにするのも大切です。

ハイドロキノンやビタミンC誘導体の入った美容液を使う

お金はかかりますが、最も手っ取り早いのはハイドロキノンやビタミンC誘導体の入った美容液を毎日のスキンケアに取り入れることです。

最近はシミや肝斑に特化したスキンケア商品も増えているので、そういうのを試してみるのがいいでしょう。

私の場合は産後に肝斑ができてしまったのですが、アンプルール ラグジュアリーホワイトという商品を使用することで肝斑が消えました。

アンプルール ラグジュアリーホワイト

アンプルールにも当然ハイドロキノンやビタミンC誘導体が入っているのですが、このハイドロキノンは元々医師による処方箋が必要だった成分だったんですね。

これを安定化させて世界で初めて化粧品に配合したのがアンプルールなので、ハイドロキノンの入った化粧品を使うならアンプルールを選んでおけばまず間違いないと思います。

ただ、アンプルール ラグジュアリーホワイトの欠点はお金がかかること。通常価格は6,500円もするみたいです。

しかし、公式サイトでは初回限定で1,500円で購入することができるキャンペーンをやっているので、一度試すには絶好のチャンスです。

期間限定のキャンペーンなのですでに終わっているかもしれません。一度アンプルールの公式サイトをご確認ください。

>>アンプルールの公式サイトはこちら